シミやソバカスを改善する方法とは

 

小さい頃から乾燥肌で、自分でスキンケアをするようになった頃から悩んでいます。

 

入浴後はとくに、肌が突っ張る感じがしますし、冬が近づくにつれて見てわかるほど乾燥している感じがとても気になります。

 

ひどいときには、触ってガサガサなこともありますし、手に至っては夏が終わった頃からあかぎれで悩んでいます。

 

いろいろなスキンケアの商品を試しましたが、どれも特に変わった感じがなく、今はツバキ油を使って保湿しているのですが、以前に比べて少しはいいかなと思っています。

 

また、昨年妊娠、今年出産をし、現在また妊娠中です。

 

シミやソバカスがもともとありましたが、とくにひどくなってきた感じがするので、それも最近の悩みです。

 

妊娠中はシミやソバカスが濃くなるなども聞いたことがあるので、産後どのように変わるかでまた対応しなくてはと思っています。

 

 

乾燥肌を治すヒント

 

シミやソバカスを抑える方法

乾燥肌の対策としては、保湿が一番大切なのかなと思いますので、とにかく入浴後すぐに化粧水とツバキ油を使って保湿しています。

 

しっとりタイプの化粧水や美容液をいくつか試しましたが、塗ってから1時間ほどでなんとなく肌がつっぱってくる感じがしてしまうので、母に勧められたツバキ油を使ってみました。

 

正直、ツバキ油を顔に塗るだなんて気持ち悪い感じもしますし、実際油っぽい感じがします。

 

しかし、これまで試したものの中では一番保湿効果を感じることができたので、手放せません。

 

職業柄、夜勤などがあった時には睡眠時間がバラバラでしたので、吹き出物が出来たり化粧ノリが最悪なこともよくありましたが、現在産前産後・育児休暇中ということもあって、だいぶ規則正しい睡眠ができるようになりました。

 

その影響かはわかりませんが、吹き出物もしばらくできていません。

 

食事などで肌荒れを改善してみました

 

トラブルと感じている主な症状としては、頬のあたり(頬骨のあたりが特に)や、顎が、ザラザラとした触り心地の肌質になってしまう、また、何回も化粧水で抑えてもみるみる乾燥していってザラザラしてしまう事です。

 

この状態はよく秋、冬にこのような状態になっていたのですが、20代後半になってきたら真夏を抜いて年中このような感じになってきてしまいこまっています。

 

特に、30代に入ってから春の花粉の時期には花粉症をもっているためか、このトラブルがひどくなる傾向があります。

 

どんなに保湿をしても、うるおったかなと思ってもすぐ乾燥してしまうので、化粧のノリが著しく悪く、化粧したくてもあまりできずに日焼け止めクリームだけつけてる日が多くなってきました。

 

シミやソバカスを抑える方法

保湿が長持ちし、化粧ノリをもっとよくできる方法があればぜひ知りたいです。

 

これらのトラブルに対する対策としては、コラーゲンを摂るために、動物性の骨のついている肉を使用した料理(カレーや鍋など) を取り入れるようにしています。

 

特に鶏の鍋で、安い手羽元を圧力鍋で煮込み、骨をくだき白いとろみのあるスープを作り、その中にさらに鶏の骨付きぶつ切りの肉を大量にいれて野菜と食べると翌日肌の質がよくなるような気がします。

 

ですが効果は一日、いや、半日くらいなのであまり持続性のあるものではありません。

 

また、草津温泉によくいきます。

 

肌がしっとりしますがこちらも持続性ありません。

 

あとは慰め程度に毎日ジェルパックしていますが、こちらも半日もたないので、保湿を長持ちさせる方法を知りたいです。

 

今のところ1番ましなのはジェルパックなのではないかと思っています。

 

関連ページ

私がやった肌荒れケア方法
肌荒れケア方法で実際に行って成果がでたかの体験談を随時追加しております。日焼け対策・皮膚の改善方法などタメになるアドバイスが満載です。